岐阜工場 製造課 環境情報学府卒 2011年入社 冨田 祥平岐阜工場 製造課 環境情報学府卒 2011年入社 冨田 祥平
岐阜工場 製造課
環境情報学府卒 2011年入社
冨田 祥平

とんがったものを、
自分の手でつくりたかった。

金属材料の分野において、たとえメジャーではなくてもある分野に特化した、「とんがったこと」がしたいと思って就職活動していたところ、日本金属を見つけました。試作から量産にいたるすべての仕事を自らの手を動かし、責任を持って最後まで見届けられるところが魅力的で、入社を決めました。

細かなご要望に応える、
オーダーメイドの製品づくり。

岐阜工場ではさまざまなパイプをつくっており、新規製品の試作および評価をするのが私の主な仕事です。形状や寸法、強度、精度等、日本金属だからこそできる細かなご要望にもお応えするオーダーメイドの製品づくりが、私たちの製品の最大の特徴です。

経験則の中にある理由を
解明し、ひとつ上の
モノづくりへ。

いま私が挑んでいるのは、作業の中にある経験則でできてしまっていること、あるいはできないことの理由を解き明かすことです。現象を理論的に整理することは製造の効率化だけでなく、お客さまにご提案する際の信頼にもつながります。原因や理由を解析し、生産性の向上に貢献することが私の楽しみです。

ある1日の
スケジュール

8:30
出社、メールチェック、書類整理
10:00
試作準備
12:00
昼食
12:45
試作トライ
16:00
データ整理・内容検討
17:00
退社